【画像】若い女性に多い「伊達マスク」が人気  






「伊達マスク」が人気  

今では、マスクの種類も豊富で風邪や花粉症に限らず、
「伊達マスク」を一種のファッションとして、
あるいは「仮面」のような使い方でマスクをかける女性が増えている。

img61383725.jpg
http://item.rakuten.co.jp/asafuku/a0003-2/引用

「伊達マスク」の経験がある人は女性に多く、20代以下〜70代の中では
20代以下が突出し、伊達マスク症候群として警鐘を鳴らす専門家もいる。

「人と関わると、笑顔を見せるとか怒りをあらわすとか関係性を決
断しなければならないが、マスクをすると表情が見えないので
そうした対人関係を保留することができる。現代青年の対人恐怖がそこにはある」と指摘(臨床心理学)

「伊達マスク」をする理由として、
「人と話さないで済む」「顔を見られずに済む」
「すっぴん隠し」「小顔」「マスク美人効果」などの声が多い。


その中で、「人と話さないで済む」「顔を見られずに済む」を理由に挙げている人は
SNSの普及が心理的に関係しているのでは?

ツイッターやブログなどは匿名でつぶやいたり書き込んだりすることで、
自分を大きく見せたり、普段言えない本音を暴露する場面が多々あるが
そのようなところと似通っているんではないでしょうか。

o0405072012666237765.jpg
http://ameblo.jp/zawachin/entry-11602628605.html引用

ただ、「すっぴん隠し」は心情的に理解はできますので、
あえて説明する必要はないでしょう。

また、「マスク美人効果」はひとつのファッションとして定着していくかもしれません。

これは、人気女性タレントの「ざわちん」さんが、メイクをアレンジしマスクをかけた状態で
有名美人タレントの顔真似を披露しているのも、少々関係性があるかもしれません。

心理学には「仮面効果」なる言葉がありますが
他人に自分自身を認知・特定されないように変装し、
あるいは不特定多数化することで、自分の本性が表れやすくなるというものです。

私も一度は、仮面をつけて自由気ままに自分の本性をむき出しにして
数日間、生きてみたいと思ったことは何度かありますね。

やっぱり、「マスク依存症」の要因である
「自分が恥ずかしいと思っているところを隠したい」
という願望も、それに通じるものがあるのかもしれないです。

図12.png








posted by チャンゴン | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


音楽教室のCMが「泣ける」と話題!号泣しちゃった。



このCMが「泣ける」と話題!号泣しちゃった






音楽教室のCMが「泣ける」と話題になっています。

20140328-00000035-minkei-000-0-view.jpg

話題になっているのは、盛岡で音楽教室を運営している会社のCM。

3月8日から放送していて、父と娘の関係を描く結婚披露宴の場面設定。

花嫁の父親が娘へのメッセージとして突然ピアノを弾き始めるが、
それは花嫁が幼少期に母親から教わった曲。

幼少期のピアノを囲んだ家族の団らん風景から母親の死別、
娘が自立し1人となった父親がピアノを習い始めるシーンが流れていく。

私は、いままでCMなんかで泣いたことは一度もありませんが、
号泣してしまいました。


目から涙がしたたり落ち、鼻水ズルズル!

それぞれの家族にはそれぞれの思いがあるわけだけど、
こんなに切なくさせてくれるCMは他にはないと思います。

でも、なぜか最後には幸せ感が漂っていましたね。

久々にこんな思いをさせてくれてありがとうと言いたいです。

是非、ご覧になってください。
https://www.youtube.com/watch?v=-09dRyIG9bU 
↑こちらから見れます。(youtube動画)

図12.png









posted by チャンゴン | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


今でも本当に斬れる!19世紀のギロチン700万円〜!


今でも本当に斬れる!19世紀のギロチン700万円〜!






19世紀のギロチンが競売にかけられる。

落札予定金額は、700万円〜850万円(5万〜6万ユーロ)で
高いか安いかは、落札者の判断に委ねるとしよう。

20140326-00000001-jij_afp-000-2-view.jpg

このギロチン、使っていたのはフランス軍だとしているが
真偽の詳細は明かしていない。

20世紀初めに購入したとみられる男性の孫が現在の所有者で、
その間の100年以上にわたって個人が所有していたらしい。

さて、ギロチンとは何ぞや?という諸氏も多いと思うが
簡単に言えば、首を切断する処刑台である。

フランス革命において受刑者の苦痛を和らげる人道目的で採用され、
以後フランスでは1792年から1981年まで使用されたものである。

苦痛を和らげる?

いやいや、台に首をのせた時点で恐怖というそれはそれは恐ろしい
苦痛が待っているハズ。

私だったら、その恐怖のショックで先に心臓が止まってしまう。

そもそも、ギロチンを使えるのは死刑執行人であるが、
フェルナン・メイソニエという死刑執行人は15年間で
200人以上、処刑したらしい。
そのギロチンは今でも「健在」だという。

300px-090306entiere.jpg
↑フェルナン・メイソニエが使用していた「ギロチン」

フランスの法律ではギロチンは死刑執行人の私有財産である。

今回、競売にかけられるギロチンは死刑執行人が
軍に貸与していたのかもしれない。

いずれにせよ、断首刑は「イヤダ!」
絶対にイヤダッ!

図12.png










posted by チャンゴン | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。