小保方晴子 現在 雲隠れ バッシング 

小保方晴子 現在 雲隠れ バッシング
小保方晴子さんのバッシングが止まらない。

「STAP細胞」論文の不正疑惑について




b900a911.jpg

その中でも週刊文春が「小保方晴子さん、乱倫な研究室」と
刺激的なタイトルをつけて発売している。

乱倫とは、「倫理に外れた行いをすること。特に男女関係の乱れていること。そのさま。」
と辞書には書いてある。
一流週刊誌ともあろう文春には、品性のかけらもない。

まるで人格攻撃であり、下衆な感覚の記事だ。
読んでいると、一人の女性をこの世から抹殺しようとしているように感じるのは私だけでしょうか?

それに比べ、週刊新潮は本質をついている。さすがだ。
「捏造にリーチ!『小保方博士』は実験ノートもなかった!と題した特集記事で
小保方さんの研究姿勢を問題視している。

記事では、小保方さんは研究者にとって「命」といえる実験ノートをしっかり整理しておらず、
共同研究者のハーバード大学医学部教授、チャールズ・バカンティ氏の過去の実績も
「怪しい」と指摘し「エアSTAP細胞」の可能性を暗示しています。
しかし、最後にプライベートな話を今回の騒動に結びつけたのは少々残念。

一連の騒動が世間の関心を集めているのは事実ですが、不正が意図的であったとすれば
バッシングはあって当然。

小保方さんは現在雲隠れしている状態ですが、
早く真相解明をして、小保方さんをいろんな意味で解放させてほしい。

図12.png





posted by チャンゴン | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。